パワースポット

岡山のサムハラ神社奥の宮の口コミや参拝方法について!実際に行ってみた!

SNSから火がつき、近年話題のパワースポット、岡山県津山市のサムハラ神社・奥の宮。

アクセスは便利とは言えない場所ですが、コロナ渦の現在でも参拝の人はかなりいるようです!

今回は岡山の最強パワースポット、サムハラ神社奥の宮の口コミや参拝方法、そして実際に行ってきたレポートをお届けします!

サムハラ神社奥の宮に関する口コミ

サムハラ神社奥の宮の神様は、すべての神様の頂点と言われています。

そんな最強のパワースポットに対する口コミを見ていきましょう!

 

 

やはり特別なパワースポットと言われているようですね!

色々な効果を感じている人も多いようです。

サムハラ神社奥の宮で写真を撮ると、オーブが写る事も多いと言われています。

サムハラ神社奥の宮が凄いと言われる理由は?

(サムハラ神社の正式な漢字は、変換では出てきません。この文字自体にパワーがあるとか!)

サムハラ神社奥の宮は大阪サムハラ神社のルーツとなる神社

サムハラ神社は大阪市西区にもあり、そちらではお守りとして販売されていた指輪が大人気となり、高額で転売までされてしまうようになった為、現在指輪の販売は行われていません。

そして、その大阪のサムハラ神社のルーツである、いわば元祖である岡山県津山市にあるサムハラ神社奥の宮は、さらに強力なパワースポットと言われています。

全ての神様の頂点と言われている神社

ウィキペディアで調べてみると、サムハラ神社は元々は宗教から始まった神社であるようです。

祭神は天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神の造化三神。

「サムハラ」はこれら三神の総称であると信者は自称する。

引用:Wikipedia

造化三神とは、天と地、つまりこの世界ができた時に現れた神様たちで、その神様たちはすぐに姿を隠したそうです。

(後に続く神々に活躍の場を譲る為だとか)

サムハラとはその三神の総称といわれていて、全ての神様の頂点という感じでしょうか!

サムハラ神社奥の宮は「宇宙とつながっている」われていて、とにかく強力なパワースポットと言われています!

 

サムハラ神社には、呼ばれた人しか辿り着けないという噂があります。

  • 山奥にあるのでカーナビに頼ることもできず、途中までは行くことができても途中で迷ってしまう。

(以前は道中に看板も無かったのですが、今は看板が立っているので分かりやすくなっています。)

「辿り着けない」と言われるのは、このような物理的な理由の他にも、

  • 急用が入り行くのを断念せざるを得ないことになる
  • 行く途中で事故にあう
  • カーナビが突然狂ってしまう

 

など、そんな噂まであるようです!

なので、「本当に必要な人しか辿り着けない」そんな風に言われているようですね!

しかし、実際に行ってみると、カーナビで普通に辿り着けてしまいました・・・!

のどかな山道をドライブして行くのも楽しかったです。

(帰りの道中でも衝撃的な出来事があったのですが、そちらは最後の編集後記で!)

山の中ですが、無料で停められる駐車場があり、朝の10時頃着いた時には、結構車が停まっていました。

ラッキーな出会い!サムハラ神社には案内をしている人がいる!

車から降りて神社に向かう途中、とても幸運な出会いがあり、サムハラ神社に毎日通っているという方から、案内していただける事に!

サムハラ神社では、すれ違う人みんなが「こんにちは」と自然と声を掛け合うのですが初めてサムハラ神社を訪れた私たちが一番最初に出会った人が、普段から毎日のように色んな方を案内している田中さん(仮名)でした。

駐車場から歩いて一番最初にある、写真の鳥居の手前にある場所から、すでになんだかこれまでと違う冷たい風が・・・。

田中さんいわく、「気などを感じられる人はそういう風に感じる事が多いみたい」との事でした。

この場所で私もTwitterの口コミの声と同じく、鳥肌が立ちました!

神様から歓迎されている?

鳥居をくぐると階段が続いています。

田中さんに案内してもいらながら、ゆっくり歩いて登っていると、トカゲやアオダイショウに遭遇!

田中さんから、「神様から歓迎されているね」と言われ、嬉しくなりました。

沢山の木々の中を歩いていると本当に森林浴という感じでとても気持ちいい(今はマスクをしているので思い切り空気を吸い込めないですが・・・)。

サムハラ神社は独特な風が吹いている

森の中は新鮮で綺麗な空気に満たされています。

それに、いくつかの場所では特に、冷気ともいえるような冷たい風がかなりの強さで吹いていました。

そして、車はたくさん停まっていたのに、不思議と人と会わない。

案内人の田中さんいわく、「色々な話をできるように、神様が人払いをしているんだね」という事で、すでに神秘的な気分になってしまいました!

階段を上っていくと、まずは金刀比羅神社があります。

サムハラ神社に行くまでの通り道に、この金刀比羅神社があり、ここでもしっかり参拝しました。

展望台からの眺めが最高

また進んでいくと、広々とした山の上に出ます。

そこには、なんと展望台がありました。

この階段を登っていくと・・・

こんなに素晴らしい景色が見られます!さすが「晴れの国、岡山」

ここでも気持ちのいい風が吹いていました。

展望台のそばにある大きな大木は、人が沢山触ったり根元を踏んだりして、少し弱っているとの事。

とても立派な木でした。

サムハラ神社が元々あった場所へ

それから、サムハラ神社を参拝する前に、元々サムハラの神様がおられたという場所へ。

(今の場所には2005年に移されたそうで、元々はその場所にサムハラ神社があったそうです。)

この道の向こうに、今は神様が元居た場所となっている場所がありました。

こちらが元奥の宮です。

見る人によっては石の中に人の模様が見えるという石。

 

案内人である田中さんにここまで案内してもらいましたが、この元奥の宮の階段前を通り過ぎ、少し奥にある茂みに、神聖な気を感じられる場所がありました。

ここに吹いている風が、またすごかったです。

うまく言葉で表せませんが、かなり強い風がずっと吹いていて、気というか、厳かなパワーがすごかったです。

ここでは静かにその風を感じ、とても神聖な気持ちに。
(元奥の宮では、うるさくしないよう静かにそのパワーを感じるのみがいいそうです。)

そして、いよいよ現在のサムハラ神社へ参拝に向かいました!

いよいよサムハラ神社へ 参拝方法はシンプルに

サムハラ神社奥の宮での参拝方法については、

裸足で参拝する や 礼の数 など、

色々参拝の仕方が言われているようですが、田中さんいわく、

「普通の参拝でいい」

との事でした。

 

神様は参拝の仕方でえこひいきしない、との事。

私たちもニ礼ニ拍手一礼で参拝し、無事サムハラ神社への参拝を終えました。

ここでは風は止んでいて、温かい空気が感じられました。

ここでも案内人である田中さんが教えてくれた事があり、サムハラ神社奥の宮の隣にある休憩所にちょっとした秘密が?

屋根の部分に、小さなハートが隠れているのです!とてもかわいい!

本当に田中さんのおかげで楽しいサムハラ神社参拝ができました。

出会えた幸運に感謝です!

しかも、サムハラ神社には他にもこうして案内をしている方がいるようで・・・。

道行く方々、知り合いの人も多く、サムハラ神社に来た時は旅先での素敵な出会いがあるかもしれません!

サムハラ神社は豊かな自然に癒される

また、サムハラ神社は山の中にあり、着くまでの道中や、神社に着いてからも季節によって色んな花が見られ、自然の色や山の表情も楽しめ、リフレッシュできますよ!

記事の中のこれまでの写真は2020年9月の物でしたが、今年の4月に再度行ったときは桜や椿が見られ、森の緑の色もまた違い、とっても楽しめました!

岡山の最強パワースポット、サムハラ神社奥の宮、ぜひ出かけてみて下さい!

力強いパワーと、温かい人との交流に出会えるかもしれません。

▽サムハラ神社奥の宮に行ったらおススメのご飯屋さんはこちら!
https://enjoytoday.site/samuhara-lunch/

サムハラ神社奥の宮 基本情報

・住所        〒709-3931 岡山県津山市加茂町中原899

・電話番号      0868-22-3310(津山市観光協会)

・交通アクセス(車)  中国自動車道津山ICから約35分

・駐車場       あり(無料)

 

引用:岡山観光WEB

サムハラ神社奥の宮はあまりアクセスが良い場所とは言えない為、車で行くのがオススメです!

編集後記 サムハラの神様が守ってくれた?

サムハラ神社奥の宮から車で帰る途中、なんと、野生のシカに遭遇しました。

19時頃、真っ暗な山道の道中、灯りなんてほぼ無いので車のライト以外、本当に真っ暗です。

かなり大きめのシカが突然飛び出してきて、ブレーキを踏んでなんとか衝突を免れましたが、めちゃくちゃ怖かったです!

(運転席側である右側から鹿が飛び出してきたので、運転していた私がいち早く気付きブレーキを踏めたので、なんとか衝突を免れたものの、左側から飛び出してきていたら間に合わなかったかもしれません・・・。)

サムハラ神社の神様は、田中さん曰く「何かあったとしても、必ず守ってくれる」という神様ということなので、危うく事故になりそうな所を、サムハラの神様が守ってくれたのかもしれません。

という事で、サムハラ神社奥の宮からの帰りの夜道の運転にはお気を付けください!

私は高速道路を使わず下道で帰って来たのですが、高速道路を使う事を強くオススメします!