エンタメ

西野亮廣のマネージャー田村有樹子の経歴!AD時代から現在までの活動をまとめてみました

キングコング西野亮廣さんのマネージャーである田村有樹子さんをご存じでしょうか?

元々テレビ番組のプロデューサーだった田村有樹子さんは、番組で出会った西野亮廣さんから熱烈に誘われスタッフへと加入。

今では西野亮廣さんの右腕として活躍している方です。

西野亮廣さんのマネージャー 田村有樹子さんの経歴について調べてみました!

 

田村有樹子のプロフィール

  • 名前:田村有樹子
  • 生年月日:1980年7月24日(40歳)
  • 出身:京都府京都市
  • 出身大学:同志社大学

田村有樹子の経歴①同志社大学卒業

田村有樹子さんは同志社大学を卒業していますが、高校生の頃はテニスに打ち込み、四六時中テニスの事を考え、まさにテニス漬けの日々を送ったそうです。

結果、その甲斐あって、県で5位の成績を残した田村有樹子さん。


県大会で上位に行くって決めて、四六時中、テニスの事しか考えてなくて、寝ても覚めてもテニスになったら、県で5位になりました。
そりゃ勝てますよね。夏休みも全く遊んでないし、修学旅行も行かなかった」

引用:毎日hideブログ

しかし、部活引退時、勉強の成績はとても悪かったそうで、
担任の先生から「絶対に無理だからやめておけ!」と反対されても、「同志社大学以外はあり得ない!」と受験したものの、結果は惨敗、受験に失敗してしまいます。

一浪するも諦めずに同志社大学に合格

受験に失敗してしまいましたが、田村有樹子さんはここで諦めず親に頼み込み1年浪人した後、翌年見事、同志社大学3学部に合格。

浪人した1年間、田村有樹子さんのした事は、

  • 高校の頃の同級生とは一切連絡を絶つ(なんと、携帯電話を折ったそうです!)
  • 予備校で同じ授業を受けている人はライバルである為交流せず、代わりに医学部の授業を受けている人達と仲良くなる
  • 毎日15時間以上勉強する

これを徹底してやったそうです。

すごい努力ですね!

高校生の頃から、目標の為に一直線に努力する性格だったようです。

田村有樹子の経歴②番組ADとしてキャリアスタート

努力と根性が人一倍できる田村有樹子さん。

就職を決める時も、複数の会社から内定は出ていたそうですが、

その中で、「一番しんどい仕事ってなんだ?」と考えて、番組ADの仕事をしようと決めたそうです。

仕事は何でも良かった。メーカーとか色々、内定は頂いたんだけど、なんか違う気がする… あ、一番しんどい仕事ってなんだ?って時にADだ!って ADやろう!と

引用:毎日hideブログ

田村有樹子さんは、株式会社オフィス・トゥー・ワンという主にテレビ番組の制作、及びタレントやフリーアナウンサーのマネジメントを行っている会社に就職をします。

こうして田村有樹子さんのキャリアはADからスタートしました。

田村有樹子の経歴③会社を立ち上げプロデューサーとなる

ADとしてがむしゃらに働いていた田村有樹子さん。

テレビ東京系列で放送されていた「所さん&おすぎの偉大なるトホホ人物伝」を担当していたそうです。

週の勤務時間は、なんと150時間にもなっていたそう。

これは、1週間毎日休み無く働いたとして、1日21時間以上という計算になりますね・・・。

そんな無茶に、当然会社の方からストップがかかったようです。

それは田村有樹子さんの為でもあるのですが、そこで田村有樹子さんは、

「もっと働きたいのに納得いかない!」

と、なんと独立をしてしまいます。

入社からわずか1年半の事でした。

仲間と一緒に会社を設立した後は、プロデューサーという肩書となり、様々な番組を制作する中で、当時「ガリゲル」というバラエティー番組で司会をしていた西野亮廣さんに出会います。

これがお二人の出会いだったんですね!

田村有樹子の経歴④六本木のバーのママになる

仕事は順調だったそうですが、自分の会社で、社員の事を気にかけ過ぎる性格が行き過ぎ、「人の事ばかり考えて生きていくのは嫌だ」という心境に至ったそう。

「仕事は順調だったんですけど、私は社員の給料や体調を気にしすぎる面があって、
人のことばかり考えて生きていかなあかんのは嫌やと思って、30代前半で会社を辞めたくなったんです」

引用:櫛野展正note

そして、30代半ばで会社を退職した田村有樹子さんが次に就いた職業は、なんと六本木のバーのママでした。

田村有樹子さん自身は、バーのママがやりたかったわけではなく、お酒も嫌いだそうです。

それなのにママになったのは、芸人や経営者仲間から、「田村さんはスナックのママに向いている」と、何人もの人からずっと言われ続けていたからだそうです。

 

「生きてて人からそんなに向いてるって言われる事あるっけ? ってまず思ったんすよね 。1人や2人からじゃなく、死ぬほど言われて。だったら一回やってみようと」

引用:毎日hideブログ

 

ダメだったら辞めてもいい。

そんな気持ちで始めたそうですが、やはり田村有樹子さん。
やるからには結果もしっかり出すように努力していたそうです。

一方、初めてお店に来たお客さんの女性がお金に困っている事を知り、「自分が使うより、この女性にあげた方がお金の価値が高いだろうから」

と、数万円をそのお客さんに渡すという事もあったそう。

人一倍努力と行動をし、そして情にも厚い。

田村有樹子さんは本当にカッコいい生き方をしていますね!

結果的に、六本木のバーのママは2年でやめたようです。

田村有樹子の経歴⑤西野亮廣のマネージャーに

はれのひ事件後、リベンジ成人式を企画し成功に

まだ田村有樹子さんがバーのママをしていた時、ある事件がおこります。
それは、2018年1月8日成人式当日に「はれのひ株式会社」が突然閉鎖し、多くの新成人が晴れ着を着ることができなかった「はれのひ事件」とよばれるものでした。

この事件に対し、「被害にあった新成人を何とかしたい」と西野亮廣さんに訴え、西野さんもすぐに賛同。
西野さんの協力を得た田村有樹子さんは、たった3週間で「リベンジ成人式」を企画し実現させます。


その後も田村有樹子さんは西野亮廣さんの仕事を手伝う事が多かったらしく、最初はタレントとプロデューサーという関係から始まった二人でしたが、西野さんのオファーにより、スタッフへと加入する流れになったようです。

「呑み友達の個展の手伝いに来ました〜みたいな感じじゃなくて、オーガナイザーとしてスタッフにガッツリ入ってよ」とナンパしまして、そこからズルズルと今の関係に引きずり込みました。

引用:西野亮廣ブログ

西野亮廣さんの誘いに、田村有樹子さんは、死ぬほど嬉しかったそうですが、なんと断ったそうです。

それでも西野さんは諦めず、3回目の誘いで、ついに田村有樹子さんは覚悟を決め、スタッフに加入したとの事。

田村有樹子さんが西野さんの誘いを断った理由、それは、西野さんを尊敬し、どれだけ努力しているか、どれだけシビアかを知っているからこそ、何かで迷惑をかけて、それまでの良好な関係が崩れてしまうのが怖かったそうです。

めっちゃくちゃ良い関係で数年やって来たのに、期待に応えれなくて、
何かミスってしまって、何かで逆鱗に触れてしまって、迷惑かけてしまって
全部パァーになってしまうかもしれない。

引用:田村有樹子note(現在は削除されています)

私に何回も「スタッフやってよ」と言って来てくれるのはめちゃ意外だったし、
3回目のお誘いで私自身、覚悟を決めた。

一度、ガッツリ、西野亮廣に向き合おうと。
その結果、ダメならダメで仕方ない。

引用:田村有樹子note(現在は削除されています)

田村有樹子さんはとても責任感が強い人だと分かりますね!

そんな田村さんだからこそ、西野亮廣さんも、断られても何度もスタッフへ誘ったんでしょう。

そして現在、田村有樹子さんは西野亮廣さんの右腕として、バリバリ働いているようです!

田村有樹子さんの経歴⑥現在はオンラインサロンも運営

田村有樹子さんは、現在、「タムココサロン」というオンラインサロンを運営されており、2021年1月現在、会員は2800名を超えています。

これも西野亮廣さんの提案によるもので、田村有樹子さんは渋々サロンを立ち上げたそうですが、オンラインサロンの規模としては現在国内トップ10に入っており、こちらも大盛況な様子。

西野亮廣さんマネージャーでありながらこの人気、今後はもっと表舞台に出てこられるかもしれませんね!